関係性で育むマインドフルネス マインドフルネスのその先へ

関係性で育むマインドフルネス マインドフルネスのその先へ

マインドフルネスとは?

日常の生活を送っていると知らず知らずのうちにストレスをためてしまうことはあります。

過去に経験した感情につかまれてしまったり、

未来への不安がつのったり、

今に心を集中するのではなく、

考えや感情に支配されてしまう。

そこで呼吸やイメージに集中することでリラックスを産み出し、

『今、ここに心を集中する』こと

過去や未来ではなく今。

この『マインドフルネス』という技術、実はわたしたちにとっても馴染みのある日本の『禅』をベースにしたものなんです。

これをアメリカが取り入れて

プログラムとして体系化されたものが、最近はブームのように逆輸入されてきたりしています。

ほんと、アメリカってこういうパッケージ化が上手いよね!

今、企業などでも取り入れられるマインドフルネス

GoogleやAppleなど世界最先端企業では

積極的にこのマインドフルネスを取り入れています。

リラックス効果によるストレスケアや集中力の向上による生産性の向上などを期待されています。

仏教の禅、悟りの世界が自然に取り入れられる時代。

逆に言うとそのぐらい情報が多くて疲れるのが今の時代でもある

と解釈することができます。

マインドフルネスのその先のイメージ

このように企業でも積極的に取り入れられるマインドフルネス

シンプルに言えば体系化された瞑想プログラムです。

呼吸法やイメージを展開しているときに、脳波も変化し、そういったモードになっていきます。

日本の禅がそのようにプログラムとして逆輸入されているなら

日本人として、もうちょっと先に行ってやりたくありませんか?笑

今、私はミッションリンクというチームを組んで活動をしています。

そこで私たちが取り組んでいるのが

関係性のなかでマインドフルネスを育むということなんです。

しゃべればしゃべるほどマインドフルネスになっていく関係性のマインドフルネス

呼吸法やイメージに集中してリセットするという境地は

溜まったものを外に出してリセットするというもの。

では、そもそもストレスがたまらなくって、

お互いがしゃべればしゃべるほど

わかりあえばわかりあうほど

マインドフルネスが育っていくという関係性はイメージできますでしょうか?

そんな状態は勝手にいってしまえば『マインドフルネス2.0』であるともいえます。

私たちはチームでディスカッションを通しながら、

自分達のサイトコンセプト作りやイベント作り、ワークショップ作成、セッション技術の練習などをしています。

お互いが自らの知っている世界(経験データ)から外に出られることで、

会話をしながら『今、ここに集中すること』が可能になり、

リラックスしながらアイディアや感動がどんどん生まれてきます。

関係性のマインドフルネスを可能にする認識のリセット技術『n-Tech』

そんな関係性のマインドフルネスを可能にするためには

今までにないイメージ体型が必要になります。

それを可能にしているのが認識のリセット技術です。

『n-Tech(認識テクノロジー)』という技術。

実はこの技術、この前の2月にアメリカのシリコンバレーで開催された

世界最先端の知性が集まるWisdom2.0というカンファレンスにて紹介されている最先端の技術です。

※画像はHPより引用

前回のカンファレンスではWisdom2.0史上、日本人初、n-Techの講師である内海昭徳さん(記事でも関係性のマインドフルネスについて書かれています!)が登壇されました。

そのほかにお片付けで有名なコンマリさんも登壇されています。

マインドフルネスなどの技術も紹介されるなかで、このn-Techのブースは会場の外まで立ち見が溢れるほどの盛況だったそうです。

※画像はNR AMERICA HPより引用

一人の韓国人から始まった最先端技術『n-Tech』

このn-Techという技術は

22年前にある韓国人の方が、日本で全ての根底にあるイメージを発見し、誰もが『悟り』を再現できる技術として論理体系化されました。

22年前、マインドフルネスという言葉もない、量子力学やホログラム宇宙論も一般では聞かれない

そんな時代に

『人間と人間が認識する宇宙は実在しない

そんなことを言い切って

悟りの技術化、職業化、産業化、一般常識化を語られています。

そこには、日本をもう一度立ち上がらせたいという強い想いがありました。

日本という国の素晴らしさ

日本が世界を救う希望になることを一貫して語り続けられています。

僕自身が関わり始めたのは4年前ぐらい。

嫌韓もある日本のなかで

韓国人が悟りを語るということは、

これまで誤解や誹謗中傷を受けたときもあったそうです。

しかし、そういったことにぶれずに世界でも注目を集めるまでにやってこれたのは

すべてと関係性のマインドフルネス状態にあるから。

様々な反対意見や逆境もアイディアとして取り入れながら

進化していく姿を僕も目の当たりにしています。

ミッションリンクが伝えたい関係性のマインドフルネス

そんな技術を体現するモデルをわたしたちも学びながら

日常の企業や家庭に、

しゃべればしゃべるほどマインドフルネスになっていく

わかりあえばわかりあうほどマインドフルネスになっていく

こんな新しいコンセプトを取り入れていくために活動をしています。

もし、こういった技術を取り入れてみたい方やどんなものか興味のある方はメッセージをください。

また、この技術を開発・体系化された方が7月7日、7月8日に北海道に来札されます。

関係性のマインドフルネスのモデルを是非目の当たりにしてもらえたらと思います。

セミナー情報

⬆全国各地でのセミナー情報が掲載されていますので是非ご覧ください。

~お知らせ~

札幌西倫理法人会様で講話をさせていただく機会を得ました。

テーマ:「人工知能全盛時代に必要とされる在り方の変化〜知のパラダイムから無知のパラダイムへ〜」

日時:6月12日(火)6:30-7:30  場所: ジャスマックプラザ 料金:無料

朝が早いですが、お時間ある方は是非お越し下さい!!

セッションメニュー 問い合わせフォーム

tell:080-1301-6374

mail:perspective496@gmail.com

—–Mission-Link—–