自分とつながる歴史 開拓の歴史ツアー 7/7(日)

自分とつながる歴史 開拓の歴史ツアー 7/7(日)


7月7日(日) 北海道博物館にて開拓の歴史ツアーがあります。

今週の日曜日、7/7(日)13時15分から北海道博物館で開拓の歴史ツアーがあります。

北海道博物館は北海道の野幌にあり、

開拓の村というと、

札幌の小学生は必ずといっていいほど遠足などでいく場所として有名で

その公園の敷地内に併設されている博物館です。

北海道博物館、アツいです。

北海道の地政学的な成り立ちから、

人類歴史、アイヌの歴史、開拓の歴史を辿っているもので、

北海道という土地がどのような歴史を辿ってきたのかということを知ることができる博物館です。

「実は北海道は思うほど北じゃない?」

僕たちの感覚では日本地図で見る北海道は、

北にあると思ってしまいがちですが、

世界の都市と比較すると実は北海道の緯度はそこまで北ではなかったりします。


どうしても天気予報などで見る北海道は東京を中心にして北にあると思ってしまいがちで、

視点を変えればアジアにもアメリカにもロシアにも通じる大陸の交差点のようなものなのです。

これを博物館では「北東アジアの十字路」なんてイカした表現で伝えています。

 

nTechの視点では存在を存在で見るのではなくて、

動き、出会いの結果として解析をします。

北海道が今の北海道になるようにどのような出会いがあったのか?

北海道がないところからどのような成り立ちで生まれたのかを見ていくことで、

今ここの自分たちともつながる解析が可能です。

「日本の北のはずれにある北海道に住む私たち」というのと

「北東アジアの十字路である北海道に住む私たち」というのでは

大きくアイデンティティは変化します。

これは一つの例ですが、こんな解析と出会うことができるのが北海道博物館です。

北海道という大地は、もともと人が住むにはとても過酷な土地。

様々な出会いの流れがあって、今の北海道ができているのです。

是非、ツアーではここでご紹介した解析よりも深い解析と出会えるはずです。

北海道の住む方には出会っていただきたいです。

<ツアー詳細>

日付:7月7日(日) 13:15 北海道博物館現地集合 
            博物館を見学・解説
          15:30ぐらいから シェアタイム・ビジョン共有
         16:30 解散
   ※終了後  懇親会を予定しています。
主催:北海道開拓の魂リライズ協会
場所:北海道博物館
料金:1000円(入館料別 600円ぐらい)
申し込み:堀江まで(フェイスブックの個人メッセージか、perspective496@gmail.comまで 取りまとめて主催に連絡します)